manu create


manu create(マヌクリエイト)のmanuは「手」を意味し、manufacture(生産する)
manuscript(原稿)など、接頭語として使われる単語です。
また、インド神話の登場人物でもあるそうです。


手に職があるから自宅で仕事が出来るんだというキモチ。
デザイン業はもちろん、クラフトなどの手仕事が大好きだということ。
デザイナーはアーティストではなく、個性を売り物にはせずに いかにしてお客様の気持ちに寄り添ったより良い物を提供できるか。
そしてドンくさくてオッチョコチョイな私は、時には間抜けな愛嬌をかますだろうと思うので、 間抜けのマヌーとチョッとかけていたりもします。
manu ceate(マヌクリエイト)をよろしくお願いします。

経歴


美術大学卒業後、デザイン会社に就職。 百貨店・不動産・美容関係・ロゴ制作・パッケージデザイン・販促ツールの制作など、様々な広告のデザインを経験しました。
グラフィックデザイナー歴15年。
独立後は印刷物をはじめ、WEBデザインやフリーマガジンの企画・デザインなども経験し、関西を中心に様々な印刷物のデザイン・WEBデザイン、企業様・個人様の企画・販促のお手伝いをさせて頂いております。
Manu Createは個人で運営しておりますので、柔軟な対応、ご希望に添った制作が可能です。

 

大阪・奈良・京都・三重の移動可能な範囲は、打ち合わせに伺わせていただきます。
遠方の方はお電話・メール・skype・LINE・などでお打ち合わせさせていただきますので、ぜひお問い合わせください!

 

各種印刷物、販促ツール全般、ロゴ制作、イラスト制作など、フライヤーデザイン・チラシデザインを中心とした各種印刷物の制作と印刷、ホームページ制作はぜひお任せください。